速読術を身につけよう!

☆本や書類を数十倍の速さで読める速読術を教えます☆

速読術を身につけよう!

速読術とは

速読術(そくどくじゅつ)とは、本や資料などに書かれた文章を速く読むための技術のことを言います。
速読法と呼ばれることもありますが、効率的に大量の文章を読むために考え出された技術であることにかわりはありません。
速読術は、受験生や現代ビジネスマンにとって、勉強や仕事を効率的に進めるために非常に有用で、是非身につけたいスキルだと言えます。


あなたは、本や資料を普通の人よりはるかに速いスピードで読むことができる人に出会ったことはありませんか?


普通なら読むのに1時間以上かかるような本でも、ほんの5〜6分で読んでしまう。
分厚い参考書や、大量の企画書なども、とても読んでいるとは思えないようなスピードでページをめくり、驚くほどの速さで読み切ってしまう。


速読術がテレビや雑誌などで取り上げられたのをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
最近テレビで放映された「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」というドラマでは、菅野美穂さん演じる主人公の「春瀬キイナ」が、捜査の中で数秒で捜査資料に目を通したり、様々な大量の本をものすごい速さで読んでいました。
彼女が速読術をトレーニングによってマスターしたのかどうかはわかりません。おそらく生まれ持った才能であるような気がします。

しかし、速読術を身につければ、ああいうふうに信じられないほどのスピードで本を読むことは不可能ではないのです。
そして、そういうふうに本や資料をものすごいスピードで読むための速読術や速読法を、トレーニングによってマスターしている人が存在するのです。


  • もっとたくさんのいろんな本を読みたい
  • 分厚い参考書を短い時間で読破し、効率的に勉強して成績を上げたい
  • 大量の参考資料や企画書を素早く読んで、仕事の能率を上げたい
  • 読みたい本はいっぱいあるけど、遊ぶ時間もほしい

速読術や速読法をマスターすれば、こんなことも夢ではないのです。


あなたは、そんな速読術を身につけたいと思いませんか?


          今すぐ速読術の詳細をご覧になりたい方はこちらから→

速読術は簡単にマスターできるのか?

実は、私は、以前は速読術にほとんど興味はありませんでした。
ところが、数年前に入社してきた新入社員が、ものすごい速さで参考資料を読んでいるのを見たんです。
私は、驚いて彼に訊いてみたのですが、彼の言うには速読術をマスターしているからだとのことでした。
私は速読術というものを目の当たりにして、自分も絶対に速読術を身につけたい、と真剣に思ったんです。



しかし・・・

何事にも慎重、というか消極的な私には、大きな心配が2つありました。


速読術・速読法をマスターすれば、本や資料を普通の人の何倍もの速さで読むことができるようになり、勉強や仕事の効率が飛躍的に上がるのはわかります。
だからこそ私も速読術を身につけたいと思ったんです。
でも、そんなずばらしい速読術・速読法というスキルを簡単にマスターすることなんてできるのでしょうか・・・。
誰でも簡単に身につけられるスキルなら、受験生やビジネスマンの多くの人が速読術や速読法を駆使して、勉強や仕事をしているはずです。


それに、本や書類を速く読めても、その内容を正確に理解できなければ意味がないのではないでしょうか。
どんなに速く読めるようになっても、読んだ内容をきっちり把握できないなら、本を速く読む理由がありませんし、内容が理解できてこそ速読術をマスターする意味があるはずです。
読んだ内容をなんとなく把握できている程度では、受験やビジネスに役立つとは思えません。



速読術についてのこの2つの心配は、私だけが感じていたことではないようでした。
ネットで調べてみると、実は、世間に出回っている速読法を試した多くの人たちが

「内容が難しく理解できない・・・」
「速読を身につけるのに時間がかかりすぎて続かない・・・」
「本を速く読めたとしても理解できていない・・・」

こんな悩みを抱えているのです。


いままでの速読法はトレーニング内容が難しく、練習に時間のかかるものばかり。
これでは、速読術をマスターするまで続くはずがありませんし、速読を諦めてしまいますよね。
しかも、読むスピードが速くなったとしても「理解力が落ちた」という方がほとんど。
どんなに速く読めるようになっても、読んだ内容を理解できなければ全く意味がありませんよね。


          今すぐ速読術の詳細をご覧になりたい方はこちらから→

理想の速読術とは

では、
本当に、簡単なトレーニングで本を読むスピードと理解力を同時にアップさせることができる速読術・速読法はないのでしょうか・・・


私は、そういう「トレーニングが簡単で、本の内容も理解できるようになる速読術・速読法」がないものか、ネット上を探し回りました。

そこで私は、世の中にはいろんな種類の速読術があることを知りました。
速読の技術も様々ですし、そのためのトレーニング法も多種多様です。
しかし、なかなか私が期待するような内容の速読術には巡り会えませんでした。

というのも、速読術の内容は「トレーニングが簡単で、本の内容も理解できるようになる速読術」という私の希望に合っていても、受講料が私には厳しいものばかりだったからなんです。
一般的に速読術講座の受講料などは、基礎だけでも100,000円前後の費用がかかってしまいますし、完璧に習得するとなればさらに高額な費用を取られてしまいます。
それはある意味、速読術はそれぐらい貴重な情報だということなのですが、はっきり言って私にはそんな高額なお金を出せる余裕はありません。
私は根気よく理想の速読術を探しました・・・



そして、やっと見つけたんですっ!!!
私の希望どおり、

簡単なトレーニングで読むスピードを数十倍にまでアップさせ、それと同時に理解するスピードも数十倍にまでアップさせることができ、しかも、受講料があまり高くない速読術

その速読術は、川村明宏の「ジニアス速読術」といいます。


        今すぐジニアス速読術の詳細をご覧になりたい方はこちらから→

川村明宏氏は、新日本速読研究会という団体で会長を務め、30年以上にわたり速読についての研究と開発を行ってきた方です。
この速読術は、その川村明宏氏が、アメリカと日本で数々の特許を取得して完成した速読術です。

この速読術が私を惹きつけたのは、この速読術が「もっと多くの人達がより簡単に速読を身に付けられるように」、そして、「読むスピードと理解するスピードを両方アップさせる」ということを念頭に研究されたものだとわかったからです。
まさしく私の2つの大きな心配を解決する最適な速読術だったのです。
それに、この速読術は私にも購入できる価格設定がされていましたので、そういう点でもハードルは低かったと言えます。



私は、早速この速読術の購入を申し込みました。
そして、早速トレーニングを始めたのですが、はじめは一分間で500文字程度がやっとでした。
でも、今では一分間に5000文字程度は読めるようになりました。
私自身半分信じられないような、うそのような話ですが、本当なんです。

ただし、「読む」という言葉が、速読術をトレーニングするまでの私の文字の把握の仕方を表現するのであるとすれば、速読できるようになった今の私にはちょっとあてはまらないかもしれません。
それまでの「読む」という感覚とはちょっと違う、うまく言えませんが、イメージとしてとらえるという感じに近いかも知れません。
でもきっちりと内容は把握できてるんです。

実際、今では一冊500ページ程度の本でも30分ほどで読んでしまいます。
以前は、図書館で本を借りてきても返却日までに読み切れないようなこともありました。
なので、読みたい本は本屋さんで購入しじっくり読む必要がありました。
そしていったん読んでみると、自分が期待した内容の本ではないことも多く、なんだか時間を無駄にしたような気分になっていました。

今は、本屋での立ち読みや図書館に行くのが楽しくてなりません。
だって、本を買わなくても、速読術で本屋さんや図書館で読んでしまえるのですから。
同じジャンルの本を何冊か速読術で読んで、内容を比較したり、知識をより深めることだってできます。


もし、この速読術に出会わなかったら今の自分は考えられません。
本当にこの速読術に巡り会えたことに感謝しています。

本来なら、ここでこの速読術の詳細をご紹介できれば、もっとこの速読術のすごさをお伝えすることができるのですが、速読術は情報という種類に分類される商品であり、その性格上、それができないのがとても残念です。

もし、あなたが速読術・速読法を身につけたいと考えているのなら、とにかくこの速読術を試してみてください。
あなたが一日でも早く本当の速読術のすごさを実感し、マスターできることを祈っています。

速読術を身につけよう!の速読術を身につけよう!のリンクについて

速読術を身につけよう!の速読術を身につけよう!のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
速読術を身につけよう!のTOPへ
"速読術を身につけよう!"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。